近年国民病になっている、花粉症と睡眠障害。どちらもお薬を飲む事が多い症状です。実際に睡眠導入剤を処方されて服用中の方で、花粉症でアレグラ(花粉症改善薬)を飲むと場合も多いでしょう。睡眠導入剤は、言うまでも無く入眠を助ける為の眠気を誘うお薬です。一方アレグラなど花粉症の改善薬も、最近の物は眠気を押さえる処方にはなっていますが眠くならないという訳ではありません。つまり眠気を誘う2つの薬を、同時に飲んで良いのかと不安になる方が増えています。実際に同時に服用しても良い物なのか、少し解説をして行きたいと思います。

花粉症の薬として、有名なのでアレグラという名前を出しましたが。花粉症の薬全般に言える事ですが、服用後眠くなる事が多いのは医師からも説明がある通りです。原因は、成分の1つにある「抗ヒスタミン」です。ヒスタミンという成分は、脳の覚醒を促す働きのある成分ですから。「抗」ということは、それを阻害する成分と言う事です。ですから、抗ヒスタミンが配合された処方になっている花粉症薬は眠気を催すのです。

一方、睡眠導入剤はといえば有名な所では、GABA受容体に作用するタイプのお薬などがありますが。こちらは、直接脳に働き書ける作用のある成分が入っていますから。花粉症薬とは全く別の仕組みになっています。ですから、基本的に飲み合わせで何か相乗効果が起きて、危険な状況になるというのは考えにくいと言う訳です。それでも不安という方は、お薬手帳を持っていき耳鼻科でお薬を処方される際に、睡眠導入剤との飲み合わせを相談する事も出来ます。また、睡眠導入剤を貰っている医院に相談して花粉症薬を出して貰う事が可能な場合もあります。安心して、お薬を服用するためにはまずはかかり付けの医師に相談する、または薬局に電話して飲み合わせをしらべて貰う事もできますのでお試し下さい。